24時間マラソン完走ブルゾンちえみ株上昇 でも当日発表の「演出」必要だったの?

印刷

   日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」でチャリティーマラソンのランナーを務めたお笑い芸人のブルゾンちえみさん(27)が、2017年8月27日20時48分、番組放送中に無事ゴールした。

   1992年にマラソン企画が始まって以来、ランナーの当日発表というのは前例がなく、予想合戦が繰り広げられるなど大きな注目を集めていた。完走を目指すブルゾンさんに、ツイッターでは声援や励ましの書き込みが相次いだ半面、番組企画に対しては「モヤモヤ」を抱えた人もいたようだ。

  • ブルゾンちえみさんが24時間マラソンを完走(画像はブログのトップ画面より)
    ブルゾンちえみさんが24時間マラソンを完走(画像はブログのトップ画面より)

90キロ完走後しっかりインタビューに応じる

   例年は5月頃に発表されるランナーだが、今年は「当日発表」であることが7月30日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で伝えられていた。ところが、ランナーの発表は番組放送開始から2時間以上も引き延ばしとなった。スタートは26日20時53分、普段ブルゾンさんの両脇を固める「with B」が見守る中、萩本欽一さんの合図で走り始めた。

   ブルゾンさんは高校時代に陸上部で長距離走に励んでいただけあり、当初は安定した走りを見せていたが、27日午前には膝の痛みを訴え始めた。それでもサポーターやテーピングをして懸命に走り、沿道の応援に笑顔で応える姿には、ツイッター上でも「頑張れ!」「応援しています」など声援が相次いだ。19時前には初めて歩く姿が放送されたが、「頑張って!!!!」「ブルゾン、あと少しだ~」などエールが続々と寄せられた。

   20時30分の時点で、ゴールの日本武道館まで残り1.5キロと順調に進む。残り700メートル地点で坂本雄次トレーナーが伴走につくと思わず涙をこぼしたが、最後までしっかりと走り、ゴールテープを切った。「with B」が駆け寄ってねぎらうなか、ブルゾンさんは

「貴重な機会を与えていただいてありがとうございました。いい経験ができました」
「(1番きつかったのは)最後ゴールを間違えたとこです」
「たくさんの応援をしていただいて本当に力になりました。ありがとうございました」

と、しっかりとインタビューに応じる余力もみせた。

   過去のチャリティーマラソンでは、放送中にゴールが間に合わなかったりハプニングが起きたりすることがあったが、特段のトラブルもなく90キロの道のりを走破したブルゾンさんに対し、「おめでとう」「本当お疲れ様!!」といった声が溢れた。

当日発表なのに「走る理由」VTRは事前に制作

   放送前に伝えられていた「走る理由がある人」というヒントについて、ブルゾンさんは「何かを諦めようとしている人に伝えたい。あと少し、あと少しだけ頑張ってほしい」としていた。一方で、「どうしても走っている姿をみせたい人がいる」という理由については、ブルゾンさんが武道館に到着する直前の番組終盤、再現映像を交えて明かされた。高校時代の恩師と病気と闘うその娘さんに対して、「自分が走ることで勇気づけられるかはわからないが、自分にできる何かをしたい」という思いだった。

   ツイッターに投稿した視聴者は、

「最初からブルゾンちえみが走るの分かってないと、こんな取材しないだろ!」
「ブルゾンはマラソン走る理由があった的なVTR見たけど...ランナーは当日発表なんだよね?www」
「ブルゾンちえみが走るのは当日発表だけど、今ブルゾンちえみの走る理由をまとめた再現VTRが流れてる。何だろこのモヤモヤした感じ」

など、釈然としない様子だ。

   かねてからマラソン企画はその意義がわからないなどと不評だったが、今回の「当日発表」と合わせて、

「マラソンの意味あるの...ちえみ可哀想...」
「マラソンランナーを当日発表みたいな無駄演出が、この番組には必要なのだろうか?」
「マラソンランナー当日発表とか、視聴率上げるためだろw」

と、改めて批判的な意見が上がることとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中