羽田孜元首相死去 82歳 「省エネルック」

印刷

   羽田孜(はた・つとむ)元首相が2017年8月28日、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。82歳だった。各紙が報じた。民進党の羽田雄一郎・元国土交通相は長男。夏場は半袖の上着の「省エネルック」を愛用したことで知られる。

   1935年、東京で生まれた。69年、父の羽田武嗣郎元衆院議員の後継で、旧長野2区から自民党公認で初当選し、以来連続14選。94年4月、細川護煕首相辞任後、第80代首相に就任したが、6月に総辞職。在職日数は戦後2番目に短い64日だった。

   田中派、竹下派閥に属し、93年6月、自民党を離党。小沢一郎氏らと新生党を結成、党首も務めた。98年に民主党に参加。2012年、政界を引退した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中