2019年 11月 20日 (水)

AKB「ガチファイト」でプロレス 素人がまねするのはこんなに危険

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   AKB48グループのメンバーがプロレスラーに扮し、実際に観客を入れて激しいファイトを繰り広げた。人気アイドルたちがドラマで演じたキャラクターそのままに、本当に試合をしたのだ。

   ドラマでも、メンバーたちは「本家」顔負けの華麗な技を披露した。女性タレントがここまで訓練したのかと驚かされるが、仮に素人が「自分にもできそう」と安易にまねをしたら大事につながりかねない。

  • 松井珠理奈さん(2014年5月撮影)
    松井珠理奈さん(2014年5月撮影)

本職レスラーを指導役に何時間もハードな練習

   松井珠理奈さん、宮脇咲良さんをはじめAKBグループのメンバーがレスラー役で出演したドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系、放送終了)。ドラマの世界を飛び出し、本当にプロレスをするイベントが2017年8月29日、東京・後楽園ホールで行われた。

   イベントを報じた各メディアによると、メンバーたちのプロレス技はかなり高度だ。リングのコーナーポスト最上段に上ってダイブ、場外に向かっての飛び技、リング上でもアクロバティックな技がいくつも繰り出されたようだ。相手からパンチや蹴りを受けたり、体や頭がリングに叩きつけられたりすれば、相当なダメージだろう。

   「豆腐プロレス」公式ウェブサイトに公開されている動画を見ると、メンバーが各種プロレス技を習得するためにハードな練習を積んでいたことが分かる。本職のプロレスラーが指導役となり、最初は柔らかいマットを敷いて相手を投げたり、リング上で対戦相手を担ぎ上げたりといった具合だ。最初は持ち上がらず、何度もトライして体得していく様子が映されていた。練習が数時間に及ぶこともあったようだ。

   苦労が実って完成するプロレス技は格好いい。見ている側は思わずまねしたくなるかもしれないが、これが危険だ。イベントの記事が掲載されたヤフーのコメント欄には、AKBメンバーの健闘ぶりを称えつつ、安易にまねをする人が出てこないかを心配する書き込みが複数あった。

   素人がプロレス技を使って重大事故につながる――。こうした悲劇は昔からあった。毎日新聞「昭和の毎日」のサイトには、1955年3月2日付の記事としてこう紹介している。今から62年も前だ。

「横浜市内の中学校で、始業前に2年男子生徒(13歳)が同級生と校庭で顔や胸を殴り合って負傷。1週間後に脳内出血で死亡した。小中学生の間でプロレス遊びが流行し、この中学でもプロレスをまねて殴り合う遊びがはやっていた」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中