ミサイルで「日韓併合」の恨み晴らす 金正恩が「8月29日」選んだ理由

印刷

   北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過した問題で、労働新聞など国営メディアは2017年8月30日朝、発射に金正恩・朝鮮労働党委員長が立ち会っていたと報じた。正恩氏は今回の発射が「太平洋上での軍事作戦の第一歩」だとして、今後も太平洋に向けたミサイル発射を「多く」行うように指示した。

   ミサイル発射は米韓合同軍事演習への対抗措置だとしているが、日本にも矛先を向けている。8月29日は1910年に日韓併合が行われた日で、この日に「日本がびっくり仰天する大胆な作戦」が行われたことを称賛した。北朝鮮は、日本が「朝鮮の標準時間まで奪った」として、2015年には日本と同じだった標準時を30分早めて「平壌時間」を設定したばかり。あらゆる局面で「抗日」が政策決定の理由になる「お国柄」を改めて反映したとも言えそうだ。

  • 発射される中距離弾道ミサイル「火星12」。8月30日の労働新聞が1面で報じた
    発射される中距離弾道ミサイル「火星12」。8月30日の労働新聞が1面で報じた
  • 弾道ミサイルの発射には金正恩委員長(写真中央)も立ち会った(写真は労働新聞から)
    弾道ミサイルの発射には金正恩委員長(写真中央)も立ち会った(写真は労働新聞から)

グアムけん制の「意味深長な前奏曲」

   国営メディアによると、発射されたのは中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」。「わが国家の首都で初の発射訓練」だったことも明らかにした。打ち上げが平壌郊外の順安(スナン)国際空港周辺で行われたとする日本政府や韓国政府の分析を裏付けた形だ。

   正恩氏は、ミサイル発射は

「米国の態度を見守るとしたわれわれの警告に米国が好戦的な侵略戦争演習で応えた」

   結果だと主張、米韓軍事演習に反発した結果だったと明らかにした。太平洋を狙ったミサイル発射を繰り返し行うことも名言。今後、弾道ミサイルが日本上空を通過することも増えそうだ。

「わが軍隊が行った太平洋上での軍事作戦の第一歩であり、侵略の前哨基地であるグアムをけん制するための意味深長な前奏曲になる」
「今後、太平洋を目標にして弾道ロケット発射訓練を多く行って戦略武力の戦力化、実戦化、現代化を積極的に推し進めなければならない」

日本が「びっくり仰天する大胆な作戦」

   さらに、ミサイルが発射された8月29日という日付にも言及。正恩氏が、

「107年前、『韓日合併』という恥ずべき条約が公布された血の8月29日に残虐な日本の島国夷(辺注:「島国に住む未開の人々」を意味するとみられる)がびっくり仰天する大胆な作戦を策定し、首都圏地域から弾道ロケットを発射するように承認してわが人民の胸に積もりに積もった恨みを晴らしてくれた」

ことを、ミサイル発射を担当した朝鮮人民軍戦略軍のメンバーが感謝したなどと伝えた。

2015年には103年ぶりに「平壌時間」

   北朝鮮では、戦後70年にあたる2015年にも、日本の植民地統治を理由に政策が変更された経緯がある。朝鮮半島では、1908年に当時の大韓帝国が、世界標準時(GMT)から8.5時間進んだ標準時を導入。日韓併合後の12年1月1日に日本と同じ標準時(GMT+9時間)に変更された。それから103年後の2015年8月7日、北朝鮮の最高人民会議常任委員会は国営メディアを通じて、

「邪悪な日本帝国主義者は、五千年の長い歴史と文化を誇っていた三千里領土を無惨に踏みにじり、前代未聞の朝鮮民族抹殺政策に没頭し、朝鮮の標準時間まで奪う永遠に許すことのできない犯罪行為を敢行した」

として、

「祖国解放70周年を迎え、朝鮮の軍隊と人民の頑固不変の信念と意志を反映」

するために「平壌時間」を導入すると発表。現在は韓国と日本の時差はなく、南北朝鮮で30分の時差がある状態が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中