マティス国防長官、トランプ氏「対話は答えじゃない!」に「異論」

印刷

   トランプ米大統領は2017年8月30日(現地時間)、相次いで弾道ミサイルを発射している北朝鮮をめぐり、自身のツイッターで対応をめぐる見解を示した。

   「アメリカは25年間も北朝鮮と対話を続け、金をゆすられ払ってきた」とこれまでの米朝関係を振り返り、その上で「対話は答えじゃない!」とツイートした。

   地元メディアによると、これに対しジェームズ・マティス国防長官は同日、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相と会談した際、「外交的な解決は決してなくなってはいない」と述べ、トランプ氏とは異なる姿勢を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中