2019年 11月 14日 (木)

島田雅彦のツイッターが「大炎上」 「金正恩に小遣いやって日本を射程から外してもらう」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   小説家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦さん(56)のツイッターが「大炎上」中だ。弾道ミサイルを発射し続ける北朝鮮だが、金正恩朝鮮労働党委員長に小遣いをあげて懐柔し、射程を日本から外してもらう方が安上がりで確実なミサイル防衛になる、とつぶやいたからだ。

   島田さんは「大炎上」に対し、防衛のために加害者になるよりも再度戦争放棄を宣言したほうがいいなどと反論したが、これにも批判が集まり「大炎上」は収まっていない。

  • 写真は島田雅彦さんのツイッターより
    写真は島田雅彦さんのツイッターより

北に援助し続けた結果が現在なのに・・・

   島田さんは2017年8月30日にツイッターで、

「PAC3に116億、Jアラートに92億を払うより、金正恩に小遣いやって懐柔し、日本を射程から外してもらう方が安上がりで確実なミサイル防衛になったりして。ロシアや中国はそれくらいの裏技を使っているだろう」

とつぶやいた。これが「大炎上」となり、

「安保理決議などに思いっきり違反してる気が・・・」
「バカすぎじゃない?暴力団に金払って、その場しのぎで回避したはいいが、後からまたせびられるのがオチでしょ。それに他の暴力団がこぞってたかってくるのも目に見える」
「自分さえミサイルの的から外れたら、他の国がどうなろうと構わないわけだ? しかも小遣い分だけミサイルが増えて、被害が増大するのに」
「頭が悪い左翼脳の典型ですね! 周辺国が核開発ミサイル開発停止を目的に北に援助し続けた結果か現在なのに、今までの経緯一切無視!」(原文ママ)

などが島田さんのツイッターに書き込まれた。

   一方で、これはブラックジョークに違いない、といった擁護の声もあがったが、島田さんは「大炎上」に反論し31日、

「極端な話、日本も核武装をし、北朝鮮みたいに瀬戸際外交で影響力を発揮するか、憲法の規定通り、再度戦争放棄を宣言するか、どちらかしかないといわれたら、後者の方がまし。いずれも国家の存亡を賭けることになるが、後者は加害責任を問われないから」

とつぶやいたため火に油を注ぐ形になってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中