書評記事で韓国紙記者に「極刑宣告」 北朝鮮脅迫の「意味不明」

印刷

   韓国の大手紙が掲載した書評記事が北朝鮮の「尊厳を冒とく」したとして、北朝鮮の裁判所が記事を掲載した新聞社の社長と記者を「極刑に処する」と主張している。北朝鮮は2017年6月、韓国が金正恩委員長の暗殺計画を計画しているとして、朴槿恵前大統領らに対して一方的に「極刑」を宣告したばかり。

   北朝鮮は、書評の対象になった書籍の表紙のデザインが「国章と国号までひどく中傷、冒とくした」ことを非難しているが、どういうわけか著者や出版社は「極刑」の対象に入っていない。「理解できない脅迫」だという指摘が出ている。

  • 問題となった書籍「朝鮮資本主義共和国」(写真は著者のツイッターから)。国章の星の部分がドルマークになっている
    問題となった書籍「朝鮮資本主義共和国」(写真は著者のツイッターから)。国章の星の部分がドルマークになっている
  • 北朝鮮の国章。水豊ダム、白頭山、 リボンで束ねた稲穂をモチーフにしている
    北朝鮮の国章。水豊ダム、白頭山、 リボンで束ねた稲穂をモチーフにしている

「あらゆる悪態をむやみに並べ立てて、それが事実であるかのように」...

   問題にされたのは、ロイター通信のソウル特派員(当時)ら2人が2015年に「ノース・コリア・コンフィデンシャル」と題して出版した書籍。17年8月に韓国語版が「朝鮮資本主義共和国」というタイトルで出版された。これを受け、朝鮮日報や東亜日報は、USBメモリーの普及で韓国ドラマが北朝鮮でも普及しつつあるエピソードなどを交えながら、相次いで書評記事を掲載した。この内容に北朝鮮が反発した。

   北朝鮮の中央裁判所は17年8月31日、朝鮮中央通信を通じて発表した声明で、書籍を

「脱北者のくずをはじめ烏合の衆の妄言をかき集めて著したもので、『北住民の生活は100%資本主義的』だの、何のとしてわれわれの現実を悪らつに謗り、わい曲ねつ造した詭弁でつづられている」

と非難。書評記事にも

「『北は資本主義国家よりもお金の力がより強く作用する国』『携帯電話のない若者は敗者扱いされる』『軍隊は無報酬労働部隊』『お金が多い人はいつでも身分が高い人と結婚できる』というなどのあらゆる悪態をむやみに並べ立てて、それが事実であるかのように『北を知りたがる人々が負担なく興味津々に読める入門書』だの、何のというたわごとまで吐いた」

とかみついた。

国章の「革命伝統を象徴する赤い星」が「ドルマーク」に

   とりわけ北朝鮮側を憤らせているとみられるのが書籍の表紙のデザインで、

「不作法にもわが共和国の国章の上部にある抗日の輝かしい革命伝統を象徴する赤い星は『$』(ドル)記号に、国章の下部にある国号『朝鮮民主主義人民共和国』は『朝鮮資本主義共和国』とむやみにいたずらをしてねつ造した写真まではばかることなく挿入した」 「今やあえてわが共和国の神聖な国号と国章まで中傷、冒とくする不作法な行為もためらわない境地に至った」

として、両社の社長と記事を執筆した記者の計4人を名指ししながら、4人を「極刑に処する」と主張。次のように、事実上4人の暗殺を宣言した。

「犯罪者らは判決に対して上訴することができず、刑は対象が確認されるにつれて任意の時刻に任意の場所で追加的な手順なしに即時執行されるであろう」

   暗殺予告された側は、「理解できない脅迫」だという韓国政府や専門家の見方を伝えている。朝鮮日報は、(1)多くのメディアが書評を掲載したのに2紙だけ狙われた(2)国章のパロディーはメディアではなく著者と出版社が決めたものであり、しかも本紙(朝鮮日報)には掲載されていなかった(3)北朝鮮の対南機関や国営メディアではなく裁判所が声明を出すのは初めて、といった疑問点を指摘。

「北朝鮮の各機関・団体が金正恩氏に忠誠闘争を繰り広げるなか、中央裁判所もそれに加わった可能性がある」

という専門家の分析を掲載している。

   今回の北朝鮮の脅迫をめぐっては、韓国統一省の報道官が

「我が国の国民に対する脅迫を即刻中断するように警告する」

との談話を出している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中