2018年 10月 20日 (土)

ジカ熱やデング熱防ぐ救世主は「蚊」 ある細菌に感染させると卵がふ化しない

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2016年にジカ熱が大流行したブラジルで、ジカ熱やデング熱、マラリアといった感染症の拡大を防ぐため、特定の細菌に感染させた蚊を大量に放つという実験がスタートした。NHKやAFP通信などが2017年8月30日に伝えた。

   報道によると、リオデジャネイロにある研究グループが、「ボルバキア」という細菌に感染させたネッタイシマカを大量に放ったという。感染した蚊と交配したメスの蚊は、卵を産んでもふ化しないという効果があり、こうした蚊が増えることで感染リスクを減らそうという試みだ。

   同じ取り組みは、米グーグルが2017年7月から、米カリフォルニア州フレズノの市街地で感染症対策として始めている。今冬までに2000万匹の蚊が放たれる予定だという。

  • 蚊が媒介するはずの感染症だが
    蚊が媒介するはずの感染症だが
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...