2018年 12月 16日 (日)

ジカ熱やデング熱防ぐ救世主は「蚊」 ある細菌に感染させると卵がふ化しない

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2016年にジカ熱が大流行したブラジルで、ジカ熱やデング熱、マラリアといった感染症の拡大を防ぐため、特定の細菌に感染させた蚊を大量に放つという実験がスタートした。NHKやAFP通信などが2017年8月30日に伝えた。

   報道によると、リオデジャネイロにある研究グループが、「ボルバキア」という細菌に感染させたネッタイシマカを大量に放ったという。感染した蚊と交配したメスの蚊は、卵を産んでもふ化しないという効果があり、こうした蚊が増えることで感染リスクを減らそうという試みだ。

   同じ取り組みは、米グーグルが2017年7月から、米カリフォルニア州フレズノの市街地で感染症対策として始めている。今冬までに2000万匹の蚊が放たれる予定だという。

  • 蚊が媒介するはずの感染症だが
    蚊が媒介するはずの感染症だが
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中