2018年 10月 22日 (月)

ホンダ「N-BOX」、初の全面改良 安全支援システムを標準搭載

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ホンダの主力軽自動車「N-BOX」が2011年の発売以来、初めて全面改良された。

   高価格帯の上級車に搭載されていた最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」が、同社の軽自動車として初めて採用された。

   ホンダセンシングは、ミリ波レーダーと単眼カメラで前走の車や歩行者を検知し、ブレーキをかけたり、前走車に追従走行したりするホンダの独自技術だ。新型N-BOXでは、従来の8つの機能に加え、後方誤発進抑制機能も新たに追加されて、全タイプに標準装備されている。

   2011年末に登場したN-BOXは今や、ホンダの国内事業を支える屋台骨ともいえる存在。軽新車販売台数のランキングでは、2014年に2位、15、16年に1位に立っており、17年7月までにシリーズ累計112万台の売り上げを誇っている。

   新型N-BOXは17年9月1日、発売された。価格は、138万5640円(税込)から。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...