2018年 12月 11日 (火)

ミサイル「島根に落ちても...」竹下発言 不適切?問題なし?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党の竹下亘総務会長(衆院島根2区)による北朝鮮の弾道ミサイルをめぐる発言が波紋を広げている。地元の島根県にミサイルが落ちたとしても「何の意味もねえなという思い」を持ったと話し、報道各社は発言が「軽率」だと批判される可能性を指摘した。

   それでも竹下氏は「どこが不適切ですか」と、1歩も引かない構えだ。

  • 北朝鮮のミサイルが「島根に落ちても何の意味もない」のか(写真は労働新聞から)
    北朝鮮のミサイルが「島根に落ちても何の意味もない」のか(写真は労働新聞から)

「広島はまだ人口がいるけど...」

   竹下氏の発言は2017年9月3日、広島市内での党会合で出た。北朝鮮がグアム周辺に向けて発射すると予告している弾道ミサイルの飛行経路について、

「島根県、広島県、高知県の上をミサイルが飛んでいって、グアム近くまでいくぞという予定だという発表を北朝鮮がして、我々は『えっ(と思った)』。いや、広島はまだ人口がいるけど、島根に落ちても何の意味もねえなという思いを持ちながら...」

と述べた。この発言を報道各社は次のように報じ、野党などが批判する可能性を指摘した。

「野党側から軽率だと批判を浴びそうだ」(共同、3日配信)
「北朝鮮情勢が緊迫の度を増す中、島根県民らから反発を招く可能性もある」(時事、同)
「安倍政権が弾道ミサイルへの備えを強調する中での不適切な発言で、野党などから批判が出そうだ」(朝日、4日付朝刊)
「竹下氏の発言は、自らの地元・島根と広島では人口の密集ぶりが違うという趣旨とみられる。ただ、北朝鮮によるミサイルの脅威が高まる中だけに、軽率との批判を浴びそうだ」(毎日、同)
「ミサイルの性能向上や大都市などへの着弾を容認したと受け取られかねない発言で、野党などから批判を受ける可能性がある」(読売、同)

「落ちれば日本国の安定に極めて重大な事態」

   だが、竹下氏は翌9月4日、

「ミサイルは離島でも島根でも、落ちれば日本国の安定に極めて重大な事態」

だと指摘した上で、

「戦略的に考えた場合、北朝鮮が島根を狙ってくるかというと、それはないだろうという思いを話した」

などと真意を説明。さらに、次のように述べ、発言に問題はないとの考えを示した。

「どこが不適切ですか。教えていただければ考えさせていただきますが...」

   民進党の山井和則国対委員長は4日、

「暴言であり、当然撤回すべき」

などと発言を批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中