俳優の土屋嘉男さん死去 「七人の侍」出演、黒沢映画の名脇役

印刷

   「七人の侍」など黒沢明監督の映画で脇役として活躍した俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、2017年2月8日に肺がんで亡くなっていた。89歳だった。複数のメディアが9月6日、報じた。

   山梨県生まれ。俳優座養成所を経て東宝に入社し、1952年に映画デビュー。54年、黒沢監督の「七人の侍」で妻を野武士に奪われ苦しむ農民・利吉を演じて注目を集めると、65年の「赤ひげ」まで、黒沢映画の数々で好演した。「ゴジラの逆襲」「ガス人間第一号」「マタンゴ」など、特撮映画への出演も多かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中