2019年 7月 16日 (火)

「世界初」の爽快ドライブ? ピラー(柱)ないフロントウインドー車が誕生へ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

今秋を目処に販売する計画

   ピラーレスのフロントウインドーは視認性がよく、開放感があるほか、ガラスに比べて強度があるため、ピラー付きのガラス窓より4割近く軽いのが特徴だ。

   今回のピラーレス・フロントウインドーは、GLMが製造・販売する「トミーカイラZZ」の特別仕様車への採用が決まっている。同社は「公道を走るための国内認証を取得する予定で、今秋を目処に販売する計画だ」としている。

   帝人は「フロントウインドーとAピラーが一体となった透明な樹脂窓とすることで、視界を遮るものがなくなり、安全確保と爽快なドライビングに貢献できる」と説明。欧米の自動車メーカーにも採用を働きかけていくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中