2018年 12月 13日 (木)

小野寺防衛相「北朝鮮は核保有と認められる能力」 核保有容認論には「残念」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   小野寺五典防衛相は2017年9月10日、NHKの討論番組「日曜討論」に出演し、北朝鮮が3日に強行した6度目の核実験について「(爆発規模が)160キロトン、これはもう十分大きな脅威。一定程度、北朝鮮はそれなりの核保有国と認められる能力なんだと思う」と述べた。閣僚が北朝鮮の核保有について明言するのは異例だ。

「次はICBMの実験ではないか」

   司会の太田真嗣解説委員が「専門家の間では、米国が北朝鮮の核保有を認めるのではないか、との見方をする人もいるが、どう考えるか」とたずねると、小野寺氏は「米国の一部でそういう人がいるのは残念だ」と反対した。その上で、

「日本や韓国にとっては、現実にもう核の脅威はある。北朝鮮と妥協され核保有を認められたら、北朝鮮に核がずっとあるということ、それが国際社会で固定化されたら、私たちは子孫も含めて、いつもこの問題で脅威を感じなければならない」。

と述べた。

   小野寺氏はさらに、「北朝鮮が持ちたい能力は大陸間弾道ミサイル(ICBM)。再突入技術を実証すれば、核を弾頭化し、米国本土を狙える。これが最終的な目標とすれば、次はICBMの実験ではないか」と述べ、北朝鮮がICBMの発射実験を行う可能性があるとの見方を示した。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中