「#自社製品を自虐してみた」が大反響 ノザキのコンビーフ「公式」を直撃した

印刷

   「#自社製品を自虐してみた」というハッシュタグが、企業の公式ツイッターなどで盛り上がりを見せている。

   きっかけは朝の情報番組。はじめにハッシュタグをつけてつぶやいた企業は何を思っているのか。J-CASTニュース編集部が取材した。

  • 「ぶっちゃけ肉より高い」(画像はノザキ公式ツイッターより)
    「ぶっちゃけ肉より高い」(画像はノザキ公式ツイッターより)
  • 「開け方、初見殺し」(同)
    「開け方、初見殺し」(同)

きっかけはめざましテレビの自虐キャッチコピー特集

   初めに「#自社製品を自虐してみた」のハッシュタグをつけたのは、川商フーズ(東京都千代田区)のコンビーフブランドである「ノザキ」の公式ツイッターだ。2017年9月12日のツイートで、

「今朝、情報番組で、自虐キャッチコピーが流行っていると見かけました。自社製品を自虐するなんて、信じられません...!!!」

とのつぶやきとともに、「ぶっちゃけ肉より高い」「開け方、初見殺し」などのコンビーフの「自虐キャッチコピー」を記した画像4枚を上げた。13日現在、このツイートは9万2000超のリツイート、11万9000超の「いいね」を獲得している。

   ノザキの指す情報番組は「めざましテレビ」(フジテレビ系)。12日の7時14分ごろから、「驚きの自虐キャッチコピー」との題で特集が組まれ、板橋区立美術館の「永遠の穴場」などといった自虐キャッチコピーが紹介された。番組内では自虐キャッチコピーだと「応援したくなる」などといった声が上がっていた。

パインアメは「鳴らない」 ぺんてるは「自社名、つけすぎ問題」

   この動きを受け、他の企業も参戦し始めた。たとえばパインアメを製造するパイン(大阪市天王寺区)は、中心に穴が開いていながら息を吹き込んでも音がしないことから、「鳴らない」とツイート。ぺんてる(東京都中央区)の公式ツイッターは、「ぺんてる筆」「ぺんてるペン」など、自社名の入ったペンを引き合いに、「自社名、つけすぎ問題」と自虐キャッチコピーを披露している。

   川商フーズはこういった反響をどう見ているのだろうか。J-CASTニュース編集部が17年9月13日に、同社食品流通部の担当者に取材したところ、

「思いがけない反響がございまして、正直かなり驚いております」

と語る。これといった経緯もなく、上述しためざましテレビを見て「流行になっているようだしやってみようかな」と思い、電車でネタを考えて15分ほどで作ったという。

   ハッシュタグについては、「交流のある企業関係者がやってくれれば」と軽い気持ちでつけたという。ここまで拡散することは予想していなかったようだ。

   今後、ツイッター上で面白いつぶやきはしていくのかどうか尋ねると、

「基本的には商品の良いところをPRしていくために用いていきたいと思います。あまり面白いことは期待しないで頂ければと...」

と、控えめに述べるにとどめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中