2018年 8月 22日 (水)

大阪府内でクマ出没相次ぐ 生息域拡大か

印刷

   大阪府箕面市彩都粟生南地区で2017年9月12日13時30分ごろ、体長1メートルほどのツキノワグマとみられる動物の目撃情報があった。14日15時時点でけが人の情報はないというが、市は注意を呼び掛けている。

   大阪府では、このところツキノワグマの目撃情報が相次いでおり、6月28日には能勢町で、8月28日に高槻市と亀岡市(京都府)の境界にある登山道で、9月5日には茨木市で発見された。

   箕面市の環境動物室は14日、J-CASTニュースの取材に対し、

「大阪府はクマの生息地ではないので、おそらく兵庫県や京都府から移動してきたのではないかと思います」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中