2018年 6月 25日 (月)

日本初「嗜好品外来」が勧める 生活習慣病予防にピッタリのおやつ

印刷

   【健康カプセル!ゲンキの時間】(TBS系)2017年9月2日放送
「賢く食べて健康増進!知らなきゃ損する嗜好品」

   スナック菓子やお酒、タバコなどの「嗜(し)好品」は、健康は度外視で欲求を満たすために摂(と)るというイメージが強い。

   そんな嗜好品だが、実は健康増進につながるものもあるとご存知だろうか。番組では、患者に嗜好品摂取を勧める、日本初の「嗜好品外来」を紹介した。

health_20170914153517.jpg

高血圧&動脈硬化には「カカオポリフェノール」を

   嗜好品外来は、埼玉・戸田市の「戸田中央総合病院」に2年前に開設された。担当するのは、心臓血管センターの内科医、椎名一紀氏だ。

   血圧や悪玉コレステロールが少し高めだが、薬を飲むほどではない人に、楽しんで生活習慣病予防と健康増進ができるよう嗜好品を勧めている。

   血圧が高めの人には、カカオ含有量が70%以上の「ダークチョコレート」を1日20~30グラム食べるよう勧めている。

   ダークチョコレートに多く含まれるカカオポリフェノールには、血管壁を柔らかくする一酸化窒素を活性化させ、血圧を安定させる効果が期待できる。

   また、善玉コレステロールを増やし、血管内の炎症を抑える働きがあり、動脈硬化の予防にもつながる。

   嗜好品外来に1年半通院している岡田節子さん(74)は、ダークチョコレートを毎日20~25グラム食べている。濃厚なチョコレートがお腹にズシリとくるため他の間食を控えるようになったのも手伝ってか、以前は上の血圧の数値が140以上、高い時で150~160だったのが、今は127に落ち着いているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中