関門トンネルに3時間以上 電車故障で立ち往生

印刷

   2017年9月14日夜、JR山陽線の下関‐門司間にある海底トンネルの関門トンネル内で、行橋発下関行き普通電車(4両編成)が故障し、約3時間立ち往生した。

   モーターの不具合が原因とみられ、別の車両に牽引されて門司駅に引き返した。このトラブルによって他の電車に運休や遅れが生じたが、乗客にけが人や体調不良を訴えた人などはいなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中