菅長官会見で名物記者が謝罪 官邸と産経と東京新聞の鞘当

印刷

   産経新聞は2017年9月15日の紙面で、同紙が「東京新聞に抗議」したとの記事を掲載した。抗議の理由は、東京新聞に対する首相官邸報道室からの「注意文書」をめぐる、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者の発言を受けてのものだ。

   望月記者は6月以降、いわゆる「加計学園問題」で舌鋒鋭く菅義偉官房長官を追及し続けたことで知名度が上昇中。厳しい質問を浴びせる姿で名を上げてきた。

  • 菅義偉官房長官
    菅義偉官房長官

産経「官邸報道室 東京新聞を注意『不適切質問で国民に誤解』」

   望月記者は15日午後の官房長官会見で、質問に先立ち「はじめに、昨日(14日)の質問のところで、官邸から配布の注意文書について、『官邸が産経にリークした』と私が質問してしまいましたが、全社に出していたということで誤りでした。撤回して謝罪をしたいと思います」と述べた。それ以上はこの問題について語られず、別の質問に移っていった。

   望月記者が撤回したのは、14日午前の官房長官会見での発言だ。東京新聞に対し、官邸報道室から「注意文書」が1日付で送付されていたところ、産経新聞が2日の紙面で「官邸報道室 東京新聞を注意『不適切質問で国民に誤解』」の見出しでこの「注意文書」について報道していた。これについて望月記者が「注意文書のことが(官邸から)産経新聞になぜかリークとして記事が出て、また、これまでの官房長官とのやり取りもいくつも記事にされていた。その中で、個人の記者に対する誹謗中傷が、私事だが、かなり進んできていると感じる」と発言していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中