2019年 1月 21日 (月)

「スーパーカップ」アイス、正式略称が意外 明治「社内では××××と呼んでます」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「スーパーカップ」の愛称で知られる「明治エッセルスーパーカップ」といえば、手ごろな価格と大きめのサイズが売りの、明治のロングセラーアイスだ。発売以来20年以上、カップアイスとしては業界トップクラスのシェアをキープしている。

   ところが、その「スーパーカップ」という呼び名が、「正しい」ものではないのでは?という噂が広がっている。実際のところはどうなのだろうか。

  • お馴染みの「明治エッセルスーパーカップ」。「スーパーカップ」の名前でよく知られているが…
    お馴染みの「明治エッセルスーパーカップ」。「スーパーカップ」の名前でよく知られているが…
  • 公式サイトの「シッテル?エッセル!」コーナー。歴代パッケージのデザインなども
    公式サイトの「シッテル?エッセル!」コーナー。歴代パッケージのデザインなども

公式サイトはいずれも「エッセル」表記

   「明治エッセルスーパーカップ」は、1994年に発売された。当時、「究極の100円カップアイス」と称され高級商品で培った技術力を活用(日本食料新聞、94年9月5日付)、登場直後に同価格帯のトップシェアを獲得した。以来、現在にいたるまで人気をキープしている。なお、「IT mediaビジネスONLINE」の取材に担当者が語っているところによれば(「『明治 エッセルスーパーカップ』が売れている、控え目な理由」、2017年6月14日)、発売以来、味は微調整を加えながらもほとんど変わっていないという。

   このアイスのことを、多くの人は「スーパーカップ」の名前で認識しているだろう。ところが、その正式な略称が実は「エッセル」らしい、という話題が、ここのところツイッターなどで盛り上がっている。

   きっかけとなったのは、明治による公式サイトだ。アレンジレシピや、豆知識などが掲載されているのだが、それぞれ「エッセル スマイルレシピ」「シッテル?エッセル!」など、「エッセル」という言葉が、コーナー名として用いられているのである。ページのURLに使われているのも「essel(エッセル)」だ。

   この事実に気づいた人がツイートしたことをきっかけに、「バイレーツ」などのニュースサイトやまとめブログにも次々と取り上げられ、

「おまえ、スーパーカップじゃなくてエッセルが名前だったんだな......」
「エッセルなんてどこに書いてあったかな......」
「スーパーカップの文字の方が大きいんだもん、これはもうエッセルじゃないよ、スーパーカップだよ」

などと驚き、戸惑い、あるいは混乱する声がツイッターでは相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中