「暴言」豊田真由子議員のテレビ釈明に反発 フィフィ「『かわいそうな私』を演出しているだけ」

印刷

   「このハゲーッ!」などの秘書への暴言や暴行指摘をうけ自民党を離党した豊田真由子・衆院議員(42)が、情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)のインタビュー(収録)に答え、涙ながらに謝罪した。

   放送翌日の2017年9月18日、トークバラエティ「バイキング」(フジテレビ系)ではインタビューを受けて、出演者らが意見を交わした。一部同情的な声もあったが、「『かわいそうな私』を演出しているだけ」(フィフィさん)など厳しい指摘が相次いだ。

  • 豊田真由子議員「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪
    豊田真由子議員「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪

「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪

   騒動後、初のTVインタビューとなった「Mr.サンデー」では、豊田議員は黒のスーツ姿で登場した。以前は、眉が中央部から左右の両脇へ上がる形になっていたが、今回の眉はフラットで、人によっては柔和な印象をもった人もいたようだ。髪も以前は少し茶色がかっていたが、濃い黒になっていた。

   豊田議員は、「謝罪とご説明を自分の声でしなくちゃいけないかな、と思った」「死んだ方がましなんじゃないか、という思いで過ごしてきた」「(暴言時は)どうかしてたんだな」などと語った。目にはうっすら涙が浮かんでいるようで、立ち上がりカメラに向かって深く頭を下げて「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪する一幕もあった。

   この内容を取り上げた翌日の「バイキング」では、「素直に(反省を)言ってるように見えた」「(自分もマネジャーなどスタッフを)怒鳴る事はある」といった同情的な声も出たが、厳しい意見が多く出された。

   元宮崎県知事の東国原英夫さんは「(インタビューではなく)会見を開くべきだ」と指摘。タレントのフィフィさんは、

「同情させるために出てきている。『私がかわいそうでしょ』と。泣いたりして」
「かわいそうと思うが、(国会議員なら、こうしたやり方は)ずるいよ」
「イメージ戦略というか、眉もメイクも違うし、『かわいそうな私』を演出してるだけ」

と辛口だった。

眉毛の変化に注目も

   さらに、弁護士の佐藤大和さんは「言い訳が多過ぎて、素直な謝罪じゃない」と切り捨てた。司会の坂上忍さんも厳しい姿勢で、

「(元秘書の問題点を指摘し、自身が怒ったことを食事しながらフォローした事を説明した後で、でも私が悪い、と謝罪したという)順番がイラッとする」
「死という言葉を聞いた時、ドン引きしました」

などと話した。

   また、フィフィさんも指摘した、豊田議員の眉の変化については、「Mr.サンデー」放送中からツイッターで話題となり、

「つり上がった眉毛を、優しい感じに訂正されてました」
「眉毛のカーブに気を遣っていたし、眉頭を短くしてソフトな印象を与えようと必死に見えた」
「対談内容より何より『眉毛は顔の印象を決定付ける重要パーツなのだな...』と強く感じた」

などの声が寄せられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中