きゃりー「負&傷」した脚を公開もファンの視線は「興&奮」

印刷

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(24)が2017年9月18日、SNSで「負傷」したという自身の脚を公開。「美脚」が引き立つショットにファンから注目が集まっている。

  • 美脚にファンが「興&奮」(2012年9月撮影)
    美脚にファンが「興&奮」(2012年9月撮影)
  • 「絆創膏になりたい」との声も出たショット(画像はきゃりーさんのインスタグラムのスクリーンショット)
    「絆創膏になりたい」との声も出たショット(画像はきゃりーさんのインスタグラムのスクリーンショット)

透き通るような美肌 「絆創膏になりたい」

   きゃりーさんは18日、

「負傷した」

という言葉を添えて自身の脚の写真をツイッターに投稿。けがをしたというのは太ももの上部で、患部とみられる部分には絆創膏が貼られているのだが、ファンの視線を集めたのは、きゃりーさんの「美脚」だ。

   写真は、きゃりーさんがイスに座った状態で自身の太ももを撮影したもので、絆創膏が貼られた太ももから膝の先までを中心にしたショット。丈の短いボトムから伸びた脚は、腕と見紛うほどほっそりと引き締まっている。

   脚にフォーカスしたアップショットだけに、きゃりーさんの透けるような白い肌が際立つほか、うっすらとうぶ毛ようなものが写り込んでいるなど、リアルな1枚に仕上がっている。

   この大胆な「サービスショット」には、興奮を隠せないファンも少なくなかったようだ。きゃりーさんのツイッターには、

「絆創膏になりたい」
「美脚過ぎて死にそうです!」
「それ傷よりも足出し過ぎでNGちゃいますのん」

といったリプライ(返信)が多数寄せられている。

   また、きゃりーさんは同じショットをインスタグラムでも公開。こちらには「負&傷」と言葉を添えており、

「興&奮」
「色&気」
「いたそう、でも その画像は最&高」

といったファンのコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中