B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」

印刷

   B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳である。ギターの松本孝弘さんは56歳だ。

   2017年9月18日、特別番組「MUSIC STATION ウルトラFES2017」(テレビ朝日系)に出演した稲葉さんの姿に、ツイッターなどでは「老けた」などといった声が一時噴出した。ところが、歌が始まると、その反応は一変することになる。

  • デビューから間もなく30周年(公式サイトより)
    デビューから間もなく30周年(公式サイトより)

「ultra soul」がランキング1位になるが...

   約10時間という大型音楽番組として放送された「ウルトラFES」、B'zは最後から2番目に登場した。

   稲葉さんのこの日の衣装は、黒の長袖シャツにやはり黒のパンツという、落ち着いた雰囲気のものだ。出番に先立ち、番組が独自アンケートで選定した「元気が出る超(ウルトラ)ソング」で、B'zの「ultra soul」(2001年)が1位となったことが紹介され、司会のタモリさんが、

「ultra soul、1位でしたね」

と話を振るが、稲葉さんは、「ありがとうございます」と低い声で返すばかり。これまでの活動についての感想を聞かれても、

「節目節目で野外でライブをやってきたんですけど、そのたびに雨が降る、みたいな感じだったんですけど、最近は少し天気も味方につけて、晴天のことが多いんですけど......」

といった具合で、元々テレビ番組では「うまくしゃべれない」と公言しているとおりのローテンションが続く。

   そのトークの姿に、「年齢」を感じた視聴者も多かったようだ。直前には、過去の「Mステ」出演時の映像が流れていたこともあってか、

「稲葉さんちょっと老けたなー...」
「目元をみると年を感じてしまうな」
「稲葉さん52歳か...ワイプで若い頃の映像と並べるの止めて」

といった書き込みが、ツイッターには相次ぐ。

「歌い出すと-15歳くらいなる」

   ところが歌が始まると、評価は一変した。

「さっきまで歳取ってたのに歌い出したら若返った」
「稲葉さん歌始まった瞬間若返ってね?」
「歌い出すと-(マイナス)15歳くらいなる不思議」
「ステージに上がったら肌のハリがアップするのなんなの」

   先ほどまでのテンションの低さが嘘のように、ステージを縦横に動き回りながら、腰をくねらせ、観客を煽り、スピーカーの上に飛び乗り、高音でシャウトする。はつらつとした稲葉さんのパフォーマンスに、

「松本さんももう56歳で、稲葉さんも52歳か~! 歌声は衰えるどころか進化し続けてるなぁ。。。」
「あんだけ動いてあんだけ声出て高音シャウトもキレキレで。そして曲間に魅せるセクシーな微笑み。あんな52歳いるかね」
「稲葉さん52歳だって...奇跡?奇跡なの?何したらあんなに若さキープできるの?教えて!」

と、ツイッターは最終的に、その「若さ」に驚愕する声に埋め尽くされた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中