IAEA、天野事務局長の3期目承認 北朝鮮問題課題に

印刷

   原子力の平和利用を促進する国際原子力機関(IAEA)の年次総会がオーストリアのウィーンで2017年9月18日からはじまり、天野之弥事務局長の3選が正式に決定した。任期は12月から4年間。

   天野氏は2009年にアジア初のIAEA事務局長に就任。2期8年にわたって事務局長を務め、イランの核開発や東京電力福島第一原発事故などの問題に取り組んできた。今回の就任ではミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮をめぐる対応が課題となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中