米トイザらス破たん 日本法人は「現時点で影響ない」

印刷

   米玩具大手トイザらスは2017年9月18日(現地時間)、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を米破産裁判所へ申請したことを発表した。アマゾン・ドット・コムなどインターネット通販の台頭などから、業績不振に陥った。負債総額は約50億ドル(約5600億円)とされる。

   米トイザらスによると、米国とカナダ以外の店舗については破産手続きの対象外としている。日本トイザらスは2010年に米トイザらスに完全子会社化されたが、17年4月には米トイザらスと小売事業を運営するファン・リテーリングの合弁事業である「トイザらス・アジア・リミテッド」のグループメンバーとなっている。

   日本トイザらス広報部は2017年9月19日のJ-CASTニュースの取材に対し、「今回の米法人による破産申請は、現時点では日本法人に影響を及ぼしていない」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中