2018年 8月 22日 (水)

米トイザらス破たん 日本法人は「現時点で影響ない」

印刷

   米玩具大手トイザらスは2017年9月18日(現地時間)、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を米破産裁判所へ申請したことを発表した。アマゾン・ドット・コムなどインターネット通販の台頭などから、業績不振に陥った。負債総額は約50億ドル(約5600億円)とされる。

   米トイザらスによると、米国とカナダ以外の店舗については破産手続きの対象外としている。日本トイザらスは2010年に米トイザらスに完全子会社化されたが、17年4月には米トイザらスと小売事業を運営するファン・リテーリングの合弁事業である「トイザらス・アジア・リミテッド」のグループメンバーとなっている。

   日本トイザらス広報部は2017年9月19日のJ-CASTニュースの取材に対し、「今回の米法人による破産申請は、現時点では日本法人に影響を及ぼしていない」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中