トランプ大統領国連演説 北朝鮮の「完全破壊」、「拉致」にも言及

印刷

   トランプ米大統領は2017年9月19日(米国時間)、ニューヨークで開かれている国連総会で一般討論演説に臨み、北朝鮮に対し「完全破壊をする」など強く警告した。また、北朝鮮による拉致にも言及する一幕もあった。

   トランプ大統領は演説の中で、

「自国や同盟国を守らざるを得ない状況に追い込まれたならば、北朝鮮を完全に壊滅させる以外選択肢はない」
「工作員の日本語教師として強制的に働かせるために愛らしい13歳の日本人の女の子を拉致したことを我々は知っている」

と述べた。そのうえで、北朝鮮に対して非核化が唯一の未来であるとし、各国に北朝鮮に対する圧力を強めるよう呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中