「衆院選モード」徐々に 自民・谷垣氏は不出馬 民進離党の山尾氏は...

印刷

   自民党の谷垣禎一・前幹事長(72)が2017年9月20日、10月に行われる見通しの衆院選への出馬を見送り、政界を引退する意向を党関係者に伝えた。複数のメディアが同日、報じた。

   谷垣氏は2016年7月、趣味のサイクリング中に転倒し、頸髄(けいずい)の損傷で手術を受けた。リハビリは、現在も続いている。

   谷垣氏は1983年の衆院選で初当選。当選は12回を数える。小泉純一郎内閣で財務相、福田康夫内閣で党政調会長と国土交通相を歴任し、自民党が下野した2009年9月から12年9月まで党総裁を務めた。第2次安倍晋三内閣の発足後、法相や党幹事長で安倍首相を支えた。

   また9月20日は、民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)が次期衆院選に愛知7区から無所属で立候補する意向を関係者に伝えたことも、複数のメディアで報じられた。山尾氏は22日にも地元入りし、支援者に会合で事情を説明するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中