「あの世界観好きだったのにな」 仮想空間「meet-me」、サービス終了を発表

印刷

   仮想空間(メタバース)サービスの「meet-me(ミートミー)」が2018年1月、約10年の歴史に幕を下ろす。

   インターネット上のアバター(自分の分身)を動かし、他のユーザーとコミュニケーションを取る仮想空間サービス。米セカンドライフ(2003年スタート)に端を発して、日本でも一時ブームが巻き起こった。そんな最中に生まれたのが、meet-meだった。

  • 仮想空間内の「銀座」を歩く、J-CASTのマスコットキャラ「カス丸」(ココア提供)
    仮想空間内の「銀座」を歩く、J-CASTのマスコットキャラ「カス丸」(ココア提供)
  • イベントでは多くのユーザーが参加した(ココア提供)
    イベントでは多くのユーザーが参加した(ココア提供)
  • ガチャガチャに並ぶ様子(ココア提供)
    ガチャガチャに並ぶ様子(ココア提供)
  • 上野の西郷隆盛像も再現(ココア提供)
    上野の西郷隆盛像も再現(ココア提供)
  • 東京都庁も存在している(ココア提供)
    東京都庁も存在している(ココア提供)

2008年4月にリリース

   meet-meを運営するココア(東京都渋谷区)は07年、トランスコスモスとフロム・ソフトウェア、産業経済新聞社(産経新聞)の合弁で設立され、その後も伊藤忠商事やフジテレビジョン、イオン、スクウェア・エニックスなどの出資を受けた。

   サービスは、07年12月からのテスト運用を経て、08年4月に正式リリース。東京23区の地図を3D化し、各所のランドマークを再現した。ユーザーは、仮想空間内で他のユーザーと会話できるほか、釣りや虫とりなどを楽しめる。11年には、アプリ「meet-me POCKET」をリリースし、スマートフォンにも対応した。

   13年からは「ご当地コラボ企画」と題して、「ぐんまちゃん」や「チーバくん」など各地のご当地キャラクターや、J-CASTのマスコット「カス丸」といった企業キャラクターを3Dモデル化し、ユーザーとコミュニケーションをとれるイベントを行っている。また16年ごろからは、ニコニコ動画へ頻繁に「実況動画」が投稿されるようになり、一部ネットユーザーにも認知されていた。

サービス終了は「経営上の理由」

   そんな17年9月20日、突如としてサービス終了が発表された。18年1月31日15時をもって、PC・スマホ版やSNS、公式ホームページなど、すべてのサービスが終了される。発表を受けて、ツイッターでは、「終わっちゃうのかー」「サービス終了とかマジかよ...」と嘆く声や、思い入れのあるユーザーからの感謝の声が出ている。

「あの世界観すごく好きだったのにな。10年はすげぇ。久々にやってみるかな」
「定期的に遊んでいたし、数少ない課金してるゲームだったのですが...。やめ時も分からなかったので、やめるきっかけにはなるけれど、やっぱり淋しいなぁ」

   ココア広報担当者は17年9月22日、J-CASTニュースの取材に対して、meet-me終了は「経営上の理由」からだと説明した。なお、サービス終了後の18年4月には、正式リリースから丸10年を迎える。10周年イベントの開催予定はないが、

「終了直前に感謝祭のようなお祭りイベントの開催を検討中」

とのことだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中