グーグルが台湾HTCのスマホ部門買収 1230億円で

印刷

   米グーグルが、台湾企業HTCのスマートフォン(スマホ)部門を11億ドル(約1230億円)で買収することを、両社が2017年9月21日に発表した。

   グーグルとHTCは以前から「Nexus One」「Nexus 9」「Pixel」などスマホの開発を共同で行ってきた。今回の買収により、Pixel開発チームがグーグルに移籍するほか、グーグルはHTCが所有する知的財産の非独占的な利用が可能になる。

   今回の買収合意に関してグーグル、HTCの両社は、

「彼ら未来のグーグル社員は、Pixel開発で密接に働いてきた素晴らしい人々だ」(グーグルのリック・オスターロー上級副社長)
「この同意は長期にわたる協力における素晴らしい1歩となる。グーグルのハードウエアビジネスを加速させると同時に、HTCのスマートフォンや『Vive』によるVR(仮想現実)ビジネスの継続的な革新を確実にする」(HTCのCEOのシェール・ワン氏)

と、それぞれコメントを発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中