上司から「パワハラ」、社内で「いじめ」訴え 三菱電機新入社員自殺で遺族が提訴

印刷

   三菱電機の男性社員が自殺した原因には、上司からのパワハラや社内でのいじめがあるとして、男性の両親が2017年9月27日、東京地裁に1億1800万円の賠償を求めて提訴した。

   男性は2016年4月に入社し、11月に社員寮で自殺した。残された遺書には、仕事内容について質問しても返事がなく、上司からパワハラを受けていたことが書かれていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中