2019年 8月 22日 (木)

「功労者」香取慎吾の無念 スマステ終了を知った瞬間の一言とは

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元「SMAP」の香取慎吾さん(40)が16年間の長きにわたりMCを務めた生放送の情報番組「SmaSTATION!!」が2017年9月23日に放送終了したが、香取さんの恨み節で幕を閉じることになった。

   自分もスタッフも番組を続けたかったけれども、自分が「新しい道」を進もうと思ったことで終了になってしまった、と謝罪した。そして視聴者を驚かせたのが、「SmaSTATION!!」も終了は新聞を見て知った、ということだった。番組の最後は、長年の労をねぎらうため花束を渡す、といったセレモニーはなく終わった。

  • 「どこまでも続けたいと思っていた」
    「どこまでも続けたいと思っていた」

「699回、700回やりたかったなぁーー!」

   番組の終盤は香取さんと大下容子アナウンサー(47)の2人のトークで締めくくられた。いつ泣き出してもおかしくない表情の香取さんは、

「残念ですよ。続けたかった」

と語り出した。

「みんなで新しい道を選んで、新しい道を進もうって思ったことによって、この、みんなでどこまでも続けたいと思っていたスマステが終わってしまうことに、みなさんに僕は申し訳ないと思う」

と謝罪した。そして視聴者を最も驚かせたのが番組の終了を新聞で知った、ということだった。6月中旬に各スポーツ紙が「スマステ終了へ」と報道していた。番組プロデューサーから「終わります」と告げられたのは、放送を6、7回残していた8月12日。

「本当に終わるんですね!?」

という言葉が香取さんの口から出たという。そして、こういう長寿番組の終了でよくある花束贈呈などのセレモニーは無かった。最後に香取さんは大下アナと抱き合った。そして、

「699回、700回やりたかったなぁーー!」

と大声で叫んだ。番組は699回目の放送で幕を閉じた。

   このいくつかの香取さんの恨み節の背景には何があったのか。9月26日に局内で行われた定例記者会見の席上で、早河洋・会長兼務CEO(73)が語った内容がネット上で大きな話題へと発展した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中