伊勢丹松戸店、2018年3月に閉店へ 収益改善見込めず

印刷

   三越伊勢丹ホールディングスは2017年9月28日、伊勢丹松戸店(千葉県松戸市)を18年3月21日に閉店すると発表した。

   松戸店は1974年に開店。ピーク時の96年3月期には336億円を売り上げたが、2008 年以降は赤字が続く。17年3月期には181 億円まで売り上げが落ち込んだ。13年にはリニューアルを実施するなど、業績の回復を模索するも「将来的に収益の改善が見込めない」として閉店が決まった。

   パートなどを含む従業員377名は、希望すれば他の店舗や部門で雇用を継続するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中