TGS売店「ステーキカレー」にまさかのクレーム 「明らかにバラ肉」「注文間違えたかと...」

印刷

   これは、どう見ても「ステーキ」とは言えないのでは――。国内最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ」(TGS)の飲食ブースで販売されていた「ステーキカレー」の購入客の一部から、こんな嘆きの声が上がっている。

   購入者の一人がツイッターに投稿した商品の写真を見ると、確かに、カレーに添えられているのは「細切れ肉」のように見える。いったい、何があったのか。販売業者に聞いた。

  • ツイッターで公開された「ステーキ黒カリー」写真(画像は投稿のスクリーンショット。編集部で一部修正)
    ツイッターで公開された「ステーキ黒カリー」写真(画像は投稿のスクリーンショット。編集部で一部修正)

値段は1皿1500円

   今年のTGSは、2017年9月21日から24日にかけて幕張メッセ(千葉市)で開催された。これは国内外のメーカーなど600社余りが、最新ゲーム機やソフトなどを揃えたブースを出展するイベントだ。主催者側の発表によれば、4日間の総来場者数は25万4311人に及んだという。

   会場には飲食ブースも用意され、複数の事業者がラーメンや唐揚げなどのフードメニューを販売していた。いまネット上で問題視されているのは、このブースで販売されていた「ステーキ黒カリー」(税込1500円)という商品だ。

   イベント最終日にこのカレーを購入した客の一部から、ツイッター上に、

「これちょっと酷くないですか」
「ステーキと言うか蒸した肉」
「注文間違えたかと思いました」

といった苦情が続々と寄せられたのだ。

   実際、購入者の1人は24日のツイートで、購入した商品の写真を投稿している。この写真を見る限り、カレーに添えられているのは、一般的にイメージするステーキとはかけ離れた薄くて焼き目もない肉だ。

   このユーザーはさらに、「ステーキ黒カリー」販売ブースに掲げられた商品のイメージ写真もあわせて公開している。こちらには、綺麗な焼き目のついた分厚いステーキ肉が乗ったカレーの写真が大きくプリントされているのだ。

   こうした「イメージ写真」と「実物」の落差に驚いたネットユーザーは多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「ステーキどころか明らかにバラ肉ですし悪意有りますねこれ」
「返金を要求するレベルですね...」

などと問題視する意見が相次いで寄せられることになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中