アーメダバードとは何なのか 日印高速鉄道に注がれる中国の視線

印刷

   2017年9月14日、インド初の高速鉄道の起工式が行なわれた。日本の新幹線技術を採用したプロジェクトで、インド訪問中の安倍晋三首相とインドのモディ首相が、そろってこの起工式に参列した。

   インドのこのプロジェクトは、中国人をなんとも複雑な気持ちにさせる。

  • インドの高速鉄道に使われる日本の新幹線技術
    インドの高速鉄道に使われる日本の新幹線技術

安倍首相に奪還されたプロジェクト

   このプロジェクトの入札は数年前から行われ、主に中国と日本が競った。中国は当初、必ず獲得するという意志があり、しかもトップを走っていた。2015年、中国は率先して、インド高速鉄道プロジェクトのフィージビリティスタディに応札していたのである。だが、安倍首相のトップセールスと、利息わずか0.1%という優遇借款には対抗できず、最終的にモディ首相はこのプロジェクトを日本に渡した。

   国際入札で中国を撃破できたことで、日本政府はインドネシアとタイの高速鉄道プロジェクト受注という一連の敗北の雪辱を果たし、快哉を叫んだ。

   高速鉄道投資は巨額に上る。コストと収益を考慮すれば、一般に高速鉄道建設は開発水準の高い都市、旅客取扱量が十分に大きい路線を選んでテストをしてみるものだ。

   その意味で、今回起工式が行われた「ムンバイ―アーメダバード」間の高速鉄道を見てみると、ムンバイはインドの金融、海運の中心なので理解できるが、アーメダバードには何があるというのだろう?

モディ首相の出身地

   実際に、インドのネット掲示板(BBS)で、インドのネットユーザーが高速鉄道にふさわしいとして選ぶ路線は「バンガロール―チェンナイ(旧名マドラス)」、「デリー―アーグラ」、「デリー―チャンディーガル」などであり、アーメダバードという都市を挙げる人はほとんどいない。

   アーメダバードはインド西北部の鉄道の中心で、綿花と紡織業で知られ、人口の半分は紡績業で生活し、その他には製靴業と伝統的な手工業があるくらいだ。

   総延長500キロ、設計時速320キロ、総工費170億ドルの贅沢な工事が、まさかこれくらいの経済規模の都市にサービスするために行われるわけはなんだろうか。ムンバイはインドの金融センターだが、ムンバイの銀行家とアーメダバードの紡績労働者が頻繁に行き来することがあり得るだろうか。

   実は、アーメダバードはモディ首相の故郷である。モディ首相が腐敗していると言うわけではなく、モディ首相にはこの高速鉄道によって、将来、故郷の有権者の支持を獲得したいという狙いがあるのだ。要するに、インドのように各種の利益集団が高度に多元化した民主主義国であるということで、これが中国と全く異なる点だ。

   モディ首相には野心がある。これは称賛に値するものであるが、高速鉄道建設には、一つの問題を避けて通ることはできない。それはつまり、将来的に十分な乗客数を確保できるかどうかという問題だ。

安い高速鉄道の料金

   インドは17年5月22日、「ムンバイ―ゴア」間に「テジャス・エクスプレス(Tejas Express)」と命名した列車を投入した。この列車は確かにはすばらしく、「エクスプレス(特急)」とはいうものの、600キロを9時間で走行し、最高時速は200キロではあるものの、平均運行時速がわずか67キロに過ぎない。

   この「テジャス・エクスプレス」の普通乗車料金は1220ルピー(約2100円)、ビジネスクラスは2540ルピー (約4400円)。これに対して、高速鉄道「ムンバイ―アーメダバード」間の500キロの普通乗車料金は1000ルピー(約1700円)と安い。

   「ムンバイ―ゴア」間はインドで最も経済的に発展した地区で、ゴアの1人当たりの国内総生産(GDP)はインド全土の2.5倍であり、国際観光都市でもある。しかし、その割には、「エクスプレス」の乗客数はそれほどでもなく、列車の運行はわずか週5回しかないのである。しかも、4カ月に達する雨季は、週3回運行に減ってしまう。

   将来的に高速鉄道の乗車券は「エクスプレス」よりさらに高価になるだろう。しかし、日本側の調査研究によると、インドの旅客が受け入れ可能な高速鉄道乗車料金は普通乗車料金のわずか1.5倍だという。

   日印の高速鉄道がコストを回収できるのはいつのことになるのか。

(在北京ジャーナリスト 陳言)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中