渋谷駅を降りたら大量の江頭2:50がキレていた 一体何が...

印刷

   東京・渋谷駅を降りると、異変に気付く。ある人物の姿がやたらと多くビル看板に掲げられていた。

   江頭2:50だ。50代男の「ジャック」とも言える風景は若者の街とは思えない。何やら言葉も書かれている。「モンスト?知るかよ!」――。

「モンスターストライク」の4周年企画

   渋谷駅前のビル看板といえば、高さは数十メートルに達するものまである。その巨大な枠で、江頭たちがどうやらキレている。

news_20171003111414.jpg

   パッと視界に入ったのは4枚。不敵な笑みを浮かべたり、はたまたニッコリ笑顔を見せたり、お決まりのポーズでこちらに目線をやったり――モノクロ写真に赤字で「モンスト?知るかよ!」というシンプルなデザインが、渋谷のにぎやかな風景で異彩を放っている。

news_20171003111448.jpg

   ふと、看板の江頭のポーズをマネして写真を撮っている2人組の若い女性がいた。1人は10代。「エガちゃんのインパクトがすごいんで、思わず撮っちゃいました!」とテンションが高い。モンストをプレーしたことはないが、看板については「めっちゃ目に留まるからOKじゃないですか?」。他にもスマホで写真を撮る人は何人かいた。

news_20171003111518.jpg

   駅前にいたある20代の男性は「確実に視界に入りますよね」と苦笑い。自身もモンストのプレーヤーで、プレー歴は約3年という。看板から得られる情報がほぼないため、「何かあるのかなあと気になりますよ」と話している。

news_20171003111536.jpg

   ツイッターで調べると、他にも目撃情報が見つかる。モンストのプレーヤーだというユーザーは「渋谷が江頭にジャックされてる」と渋谷駅前の看板写真をアップ。

   また、大量掲出されたのは渋谷だけではないようで「名鉄のホームにエガちゃんいっぱいおってびびった」との投稿も。このユーザーは名古屋駅で目撃したという。

   他に、大阪で発見したとの投稿もある。

news_20171003111554.jpg

   改めて調べると、看板の詳細が明らかになった。「モンスト」4周年を記念してた企画を打ち出していたのだ。挑発する江頭は文字通りの「看板」タレントというわけだ。

最速翌日1000万円が届く! 1000万円が20名、100万円が100名に当たる「モンストスピードくじ」

news_20171003173912.jpg

   この「モンスト4周年感謝キャンペーン」の目玉の一つは「モンストスピードくじ」。抽選で20人に賞金なんと1000万円、さらに10人に100万円が当たるという大盤振る舞いだ。申し込みは不要。「モンスト」アプリを起動し、ゲーム内で「くじ」を引くだけで、その場で結果がわかる。さらに、当たれば最速で「翌日」に賞金が届くというまさに「スピード」くじとなっている。

news_20171003173938.jpg

   それだけでは終わらない。「モンストスピードくじ」が外れても、もう1つのチャンス「モンストラックアウト」がある。こちらは野球やサッカーなど全8種目のスポーツで的当てチャレンジが行われる。挑戦するのは元米大リーガーの石井一久さんや、元サッカー日本代表のラモス瑠偉さん、プロゴルファーの古閑美保さんらトップアスリート8人。手抜きなしの真剣勝負は、10月13日にYouTubeやツイッター、BSスカパー!で、番組として生放送される。キャンペーン参加者が行うのはそれぞれの種目の成否の「予想」。全8種目を的中させると賞金を獲得でき、総額実に3億円分の賞金・ギフトコードを的中者全員で山分けする。

   「モンストスピードくじ」も「モンストラックアウト」も、実施期間は2017年10月9日早朝4時~13日早朝3時59分。具体的な参加方法やキャンペーン詳細は公式サイトで確認しよう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

追悼