2018年 10月 17日 (水)

香取「こち亀」公式ページ消えた... 「なんJ」民が悲しんだ理由

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「こち亀」こと、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が香取慎吾さんの主演でドラマ化されたのは2009年のことだった。良くも悪くも話題をさらってから8年、TBSサイトに設けられていた公式ページが、ひっそりと姿を消していた。

   2ちゃんねる、特に「なんでも実況J(なんJ)」ではたびたびネタにされていたこともあり、「かなC(=悲しい)」という声がちらほらと上がっている。

  • 香取さんは何を思うか
    香取さんは何を思うか

ジョークスレの定番だったのに

   ドラマ版「こち亀」は2009年に放映、両津勘吉を演じた香取さんをはじめ、速水もこみちさん、香里奈さんら人気俳優が出演した。ビートたけしさんらがゲストとして登場するなど、TBSの力の入れ具合がうかがえたものの、視聴率的には「大ヒット」にはいたらず。放送中からその数字がたびたびメディアをにぎわせた。

   一方、香取さんの熱演ぶりがネット上ではネタとして愛され、2ちゃんねるの掲示板の一つ「なんJ」板では、放送から何年も経った後も、こち亀スレッドがたびたび立てられ続けた。特に「kochikame定期」といわれた一連のスレでは、

「香取さんが人気漫画やアニメなどの実写化に主演するという嘘見出し→いかにもそれらしいニュース記事風の文章→情報のソースとして貼られるのが、『こち亀』公式ページのURL」

というのがお約束となっていた。

   ところが2017年9月29日、「なんJ」に立ったスレで、この公式ページが閲覧不能(404 Not Found)となっていることが確認された。

「かなC」「マジやんけ」

   この一報になんJ民からは、

「マジやんけ」
「かなC」
「香取慎吾さん主演で実写化スレ立てられへんやんけ」
「【悲報】実写版こち亀、ついになんJ民しか覚えていなくなる」

と、悲しみの声が相次ぐ。

   香取さんといえば、ジャニーズ事務所から退所し、新事務所で再始動したばかり。削除の理由などについてのJ-CASTニュースの10月2日の問い合わせに対し、3日昼現在までにTBSからの回答はないが、放送から8年も経ったドラマのページが消えることは「当たり前」との指摘もある。

   たとえば同じTBS、同じ時間帯で放送された「恋空」(2008年)、「ブラッディ・マンデイ」(2008年・10年)、「ゴッドハンド輝」(09年)、「ハンマーセッション!」(10年)といった作品は、すでにページが存在しない。もっとも、「こち亀」の前番組で木村拓哉さんが主演した「MR.BRAIN」(09年)など、まだ生き残っているページもあるので、対応はまちまちのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...