ソフトバンク、一部利用者に割引適用せず誤請求

印刷

   ソフトバンクが携帯電話の一部利用者に対し、9月分の利用料金について割引サービスを適用せずに請求・徴収していたことが2017年10月3日、J-CASTニュースの取材で分かった。

   誤請求があったのは、「月月割」という、新規で携帯電話を購入した顧客に対して月々の利用料金から一定額を差し引くサービス。J-CASTニュースが取材したところ、同社のシステム不具合により、9月20日締めの一部利用者に誤った金額を請求していたという。対象者には10月分で過剰請求分を調整する。顧客専用サイト「My Softbank」を通じて個別に連絡し、詳細は後日メールで知らせる。影響人数や額については公表していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中