JR新宿駅構内に「大便が点々と...」 「30メートル級」報告にネット騒然

印刷

   JR新宿駅の地下通路に、「汚物」が点々と道を作っている――。2017年10月3日15時30分過ぎ、駅構内を歩いていた複数の利用客から、こんな悲鳴のような報告がツイッターに上がった。

   現場を目撃した利用客の1人はJ-CASTニュースの取材に、排泄物とみられる汚物は一直線に30メートルほど続いていたと説明。その上で、「(汚物は)かなりの量でした」と驚いた様子で振り返っていた。

  • JR新宿駅西口改札(画像はイメージです。記事の内容とは関係がありません)
    JR新宿駅西口改札(画像はイメージです。記事の内容とは関係がありません)

昼下がりの駅で「報告」相次ぐ

   複数の目撃者の報告などによれば、汚物があったのはJR新宿駅の地下1階通路。埼京線ホームへと上がる階段の近くにあるトイレに向かって、汚物が点々と道を作っていたという。

   「事件」が起きた時刻が平日の昼間だったこともあってか、目撃者の数はそれほど多くなかったようだが、ツイッターには、

「おい誰だ、新宿の地下通路でうんこしたやつ!」
「新宿駅に人のうんこめっちゃ落ちてて臭すぎ」

といった報告が同時多発的に上がっている。そのほか、駅構内に悪臭が漂っている、などと訴える利用客も複数出ていた。

   実際、現場を目撃した男子学生(22)は10月4日、ツイッターを通じたJ-CASTニュースの取材に、

「30メートルほど大便が一直線に落ちていました(略)かなりの量でした」

と振り返る。

JR東「大きな混乱が生じたとの報告はない」

   また、こうした汚物を「踏んでしまった」という20代の女性会社員も同日の取材に対し、現場の状況について、

「30メートル続いていたわけではなく、途切れ途切れで散らばっていたり、引きずられたりしたような跡が見えました」

としていた。ちなみに、この女性が履いていた靴のかかとには穴が空いていたため、汚物は靴下にまで及んでいたという。

   一方、JR東日本東京支社の広報課担当者は、J-CASTニュースの4日昼の取材に対し、新宿駅構内に汚物があった今回の件について、

「今のところ、大きな混乱が生じたとの報告は入っていませんので、こちらでは把握しておりません」

と答えた。そのうえで、駅構内で汚物が発見された際の対応については、

「基本的には、発見次第すぐに清掃担当者が対応を取ることになっています」

としていた。

「30メートル」報告にネットは騒然

   なお、今回の汚物をめぐってインターネット上では、一部の目撃者が「(汚物は)30メートル位」と報告したことに衝撃を受けるユーザーが続出。ツイッターやネット掲示板には、

「意味が分からない」
「30m級!?東京コワイ」
「脳が理解を拒絶してる」

といった驚きや困惑の声が相次いでいる。実際、10月4日15時時点でツイッターの検索欄に「新宿駅」と入力すると、関連ワードには上から順に「くさい」「うんこ」と表示された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中