人気ラーメン店の店長 大麻の所持容疑で逮捕

印刷

   大麻取締法違反の疑いで、大阪市にあるラーメン店「Antaga(あんたが) 大正」を経営する梶林洋介被告(32)が逮捕・起訴された。2017年10月4日、各紙が報じた。

   報道によると、被告は店内で大麻を所持していた疑いが持たれており、容疑を認めている。店はメディアでも取り上げられる有名店だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中