子どもが安心して使えるVR装置開発

印刷

   ソーシャルゲーム大手のグリーは2017年10月4日、VR(仮想現実)に対応したヘッドマウントディスプレー(HMD)の子ども用装置「VRメット」を開発したと発表した。HMDとは、頭に装着するゴーグル状のディスプレー装置。

   発表資料によると、現在一般に普及しているHMDは複眼用で、各メーカーが13歳未満の子どもの利用に制限を設けている。「VRメット」は、単眼でも複眼HMDの「没入感」を楽しめる構造を採用し、子どもでも使えるようにした。

   VRメットを使って遊ぶVRゲーム2種類を、2018年春、アミューズメント施設「モーリーファンタジー」に投入する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中