2018年 10月 19日 (金)

スポーツ観戦で心疾患リスクが上昇? ホッケーの試合を見たときの心拍数を調査すると...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   贔屓のチームを応援するためにサッカーや野球をテレビで見る、というのは誰もが日常的に行っていることだろう。

   そんな「スポーツ観戦」から受けるストレスが心臓への負担となり、心血管疾患(心臓や血管に関する病気)のリスクを上昇させているという研究結果が2017年10月4日、カナダのモントリオール大学の研究者らによって発表された。

  • 落ち着いて試合を見るなんて無理
    落ち着いて試合を見るなんて無理

誰が見てもスポーツ観戦で心拍数上昇

   スポーツ観戦が心臓の負担となっていることが指摘されるのは、今回が初めてではない。以前から多数の報告が存在しており、2000年に発表されたオランダの研究では、フランス対オランダのサッカー代表戦が放送された日に中高年男性の心血管疾患による死亡率が50%増加した、とある。

   ドイツや英国での研究でも、ワールドカップや代表戦を放送した日は心臓発作などで病院に緊急搬送される患者数が2~3倍になることが報告されている。

   とはいえ、これらの研究はあくまでも現象の観察で、本当にスポーツ観戦で心臓に何らかの影響が出たのかはわからない。そこでモントリオール大学のポール・カイリー博士らは、実際にスポーツを観戦している人の心臓を詳細にモニターすることにした。

   まず、地元モントリオールのプロホッケーチーム「モントリオール・カナディアンズ」のサポーターを募集し、これまでに心血管疾患の既往歴がない健康な23~63歳までの男女20人を用意。

   簡単なアンケートで生活習慣や身長、体重など心臓に影響を与えそうな要因を把握した。さらに「ファン・パッション・スコア」というテストで応援しているチームへの情熱を評価、つまりファンとしての熱心さも調べている。

   その上で、一定の期間中にモントリオール・カナディアンズの異なる複数の試合をテレビで見てもらい、その間の心拍数や脈動の変化を詳しく調査。心療内科で用いられるスコアシートを用い、ストレス指数や興奮度も分析したという。

   すると、年齢や性別に関係なく被験者らは観戦中の心拍数が平常時よりも平均75%増加し、延長中や得点・失点時など大きな変化があったときには110%も増加していた。

   この数値は強度の高い長距離マラソンなどを行ったときと同等の負荷が心臓にかかっていることを示している。

   カイリー博士らは「試合の重要な局面や熱心なファンでは心拍数が上昇しているのではないか」と推測していたが、実際には観戦中、心拍数は常に増加しており、ファンとしての熱心さも関係していなかった。誰が見ても心臓に負荷がかかっていたのだ。

延長戦では特に興奮している?

   心拍数だけでなくストレス指数や興奮度も高い数値になっており、

「研究結果は、ホッケーの試合を見た感情的なストレスによって引き起こされる反応が、心血管疾患リスクを上昇させ、心臓発作や心筋梗塞を誘発する可能性があることを示唆している」

とカイリー博士は指摘している。今回の研究は限定的な条件下で行われているため、スポーツ観戦が心臓に有害であるとする因果関係を証明しているわけではなく、そもそも有害かどうかもわかってない。

   しかし、心臓のかなりの負荷をかけていることは事実だ。以前に心血管疾患を発症していたり、心臓発作や心筋梗塞の前例がある人はスポーツ観戦には注意を払い、急激な心拍数の上昇などを感じた場合は医療機関を受診すべきだと、共著者の医師らはアドバイスしている。

   ちなみに、研究で最も心拍数増加が起きていたのは延長戦で、初得点時、2得点目だった。だが、心臓のために延長戦は見ない......というのは難しそうだ。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...