2018年 9月 23日 (日)

日本版GPS衛星「みちびき4号」打ち上げ成功 18年から本格運用

印刷

   三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年10月10日7時1分、日本版GPS(全地球測位システム)の実現を目指す測位衛星「みちびき」4号機を種子島宇宙センターから打ち上げた。約28分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

   みちびき1号機は10年に打ち上げられ、これまで、実証実験を重ねてきた。18年からは4機体制で本格的に日本版GPSが稼働。27年までには7機体制に強化し、GPSに頼らなくても高精度を実現し、「自前GPS」を完成させる計画。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中