たつき監督、久々ツイートに「憶測」相次ぐ けもフレ2期はやっぱり...?

印刷

   人気アニメ「けものフレンズ」(けもフレ)からの降板騒動の渦中にある「たつき監督」が2017年10月10日未明、約2週間ぶりにツイッターを更新し、ファンに向けてのメッセージを投稿した。

   今回の投稿で注目を集めたのは、たつき監督が次回のアニメ制作について「何の作品になるかは分かりません」と明言した部分だ。この一文を寄せた意図を深読みして、「やっぱり2期厳しいのかなぁ」「KADOKAWAとの交渉は決裂したんか...」などと憶測するファンが続出しているのだ。

  • 「けものフレンズ」2期はどうなるのか(画像はKADOKAWAのYouTubeチャンネル動画から)
    「けものフレンズ」2期はどうなるのか(画像はKADOKAWAのYouTubeチャンネル動画から)

「アニメ屋らしくもくもく作ってゆきます」

   たつき監督がツイッターを更新するのは、9月25日に「けもフレ」アニメの制作から外れることを報告して以降、今回の投稿が初めて。ツイートの冒頭ではまず、

「とくにご報告はないのですが、irodori3人元気に生きております。気にかけて下さった方、各種お便り下さった方、ありがとうございます。励まされました」

など、簡単な近況報告やファンからのエールに感謝する言葉をつづった。なお、投稿にある「irodori」とは、たつき監督が代表を務めるCGアニメ制作集団で、メンバー全員が「けもフレ」の制作に携わっている。

   その上でたつき監督は、降板騒動の進展について具体的には触れなかったものの、

「何の作品になるかは分かりませんが、かわらずアニメ屋らしくもくもく作ってゆきますー」

と今後の活動方針についても言及している。

   たつき監督の降板報告ツイートを発端に起きた今回の騒動では、アニメの制作委員会が9月27日にコメントを発表。たつき監督が所属するヤオヨロズ(東京都中野区)が、次期アニメの制作から「辞退したい」と申し出たなどと説明していた。

   その後、10月3日にはKADOKAWA(東京都千代田区)の井上伸一郎専務とヤオヨロズの福原慶匡(よしただ)代表が共にツイッターを更新し、今後の対応について相談を始めたことを明かしていた。

   こうした状況の中で、たつき監督が約2週間ぶりに投じた今回のツイートは、ファンの間で大きな注目を集めた。10日15時時点で5万回の以上リツイート(拡散)、6万9000回以上の「いいね」を集めたほか、投稿のリプライ(返信)欄には、

「まだこの先何があるか分かりませんが、次作も応援し続けます」
「ファンを安心させる為にツイートして頂いたこと深く感謝します」
「どんな形であれ、たつき監督の作品が大好きです」

といった激励や感謝のコメントが相次いで寄せられている。

「やはり2期は難しい」?

   ただ、今回のたつき監督のツイートをめぐっては、その文面を「深読み」するファンも続出している。投稿の中で、次回作が何になるかは分からないと言及したことについて、

「けもフレの制作から離れることが決まったことを暗に伝えているのではないか」

などと推測するユーザーが数多く出ているのだ。

   実際、ツイッターやネット掲示板には、

「あー、たつき監督けもフレ続投やっぱ難しいかんじなのかな...。全く関係のない次回作に期待してくださいという意味...?」
「この時点でたつき氏がこの発言...やはり2期は難しいか」
「これ実質けもフレ降板確定の報告じゃん」

などと憶測する書き込みが相次いでいる。そのほか、KADOKAWA側とヤオヨロズ側の話し合いが「難航している」ようにも受け取れる文面だ、などと見るユーザーの姿も目立った。

   ただ一方で、ファンの間ではこうした憶測を広げるユーザーを諌める動きも出ており、ツイッターには、

「たつき監督の『何の作品になるかは分かりませんが』発言に敏感にならない方が良いと思います(略)個人のネガティブ発言は負の連鎖を生みます」
「たつき監督は生存報告をした。それだけ。それ以上の詮索は無用と違うか」

といった投稿も寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中