2018年 11月 19日 (月)

原発事故めぐる集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京電力福島第1原発事故で生活が奪われたとして福島県の住民らが国と東電に対して総額160億円の賠償を求めていた集団訴訟の判決で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は、2017年10月10日、国と東電に賠償を命じた。生活環境の回復を求める訴えは退けた。

   全国の地裁に対して避難者が起こした集団訴訟は約30件あるが、判決は3件目で、東電の賠償を認めたのは3件目。1件目は前橋地裁で津波対策をめぐって争われ、17年3月の判決では国と東電の賠償を認めている。2件目の千葉地裁で行われた訴訟では、住民が土地や建物の賠償を求めたが、17年9月の判決では国の責任を否定し、東電のみに賠償を命じている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中