攻撃モード小池氏VS皮肉たっぷり進次郎氏 初日「池袋舌戦」、聴衆惹きつけたのはどっちだ

印刷

   「小池さんに心から感謝したい」「野党批判の選挙はしない」。自民党の小泉進次郎氏(36)が衆院選公示日の2017年10月10日、いきなり小池百合子・希望の党代表(65)に「皮肉」たっぷりの演説を展開した。それも小池氏の「お膝元」である東京・豊島区のJR池袋駅前で、だった。

   この2時間前には、同じ池袋駅前で小池氏も第一声をあげていた。小池氏は「安倍一強政治を終わらせよう。お友達だ、忖度だ、友達ならいいことがある、そんな政治を信頼できるか」と政府・自民党を真正面から批判。両党の「選挙の顔」ともいえる両者、互いの党を強く意識する内容だったが、そのトーンは異なっていた。

  • 小池百合子氏(左)は東京・池袋駅西口、小泉進次郎氏は同駅東口に、それぞれ姿を見せた
    小池百合子氏(左)は東京・池袋駅西口、小泉進次郎氏は同駅東口に、それぞれ姿を見せた
  • 希望の党の小池百合子代表
    希望の党の小池百合子代表
  • 自民党の小泉進次郎氏
    自民党の小泉進次郎氏

小池氏「そんな『ショボい』話じゃ日本は間に合わない」

   池袋を含む東京10区で立候補するのは、小池氏の側近として希望の党を支える若狭勝氏。10日朝の駅西口、若狭氏の演説に小池氏が登場すると、人だかりと歓声が一際大きくなった。

   小池氏は政府・自民党への批判を展開。まず消費増税について

「8%を10%に上げる、その使い道を変えるために総選挙をすると言っていたが、そんな『ショボい』話じゃ日本は間に合わない」

と挑発。教育・子育て財源に消費増税分のうちの約1兆円をあてることを検討する政府に、「国家予算は100兆円規模。その1%について必要かどうか見直し、ワイズ・スペンディングに変えれば1兆円は出てくる。これは東京都で立証済みだ」と、都知事としての実績もアピールした。

   アベノミクスには「財政出動、アベノミクス第2の矢。これだけやってその効果たるや。ちょいとGDPを上げたからといって『大きな顔をするな』と申し上げたい」とまたも挑発的な言葉を使用。さらに森友・加計学園問題にも触れ、「お友達だ、忖度だ、友達ならいいことがある、そんな政治を信頼できるか」とまくし立てた。

   小池氏は国会議員時代からこの東京10区で地盤を築いてきた。遊説には小池氏のイメージカラーであるグリーンのスカーフや帽子を身に着け、応援する有権者も数多くみられた。

   そんな「アウェー」感ある池袋で、小池氏の2時間後に演説したのが自民党の小泉氏。池袋駅東口で鈴木隼人氏の選挙カーにあがった。小泉氏は「私がなぜ小池さんのお膝元で全国遊説をスタートしたか。理由をお伝えしながら、鈴木隼人さんの応援にかえたい」と切り出すと、「私は希望の党を立ち上げた小池さんに心から感謝したい」と、落ち着いた物腰で語りはじめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中