山尾志桜里氏に山田洋次監督がエール 「寅さんのファンなんで複雑」の声も

印刷

   衆院解散前に民進党を離党し、無所属で衆院選に立候補した山尾志桜里氏が、「男はつらいよ」シリーズなどで知られる映画監督の山田洋次氏から「激励」のメッセージを受けたと報告した。直筆とみられる手紙には「希望の星のように輝いています」など信頼を寄せる言葉が並ぶ。

   山尾氏といえば、まだ不倫疑惑報道のイメージが残っているせいか、今回エールを送った山田監督に対して、インターネット上では映画ファンらから「複雑な心境です」といった反応が少なからず出ている。

  • 山尾志桜里氏(2016年4月撮影)
    山尾志桜里氏(2016年4月撮影)

「彼女の存在は希望の星のように輝いています」

   山尾氏は衆院選公示日の2017年10月10日、インスタグラムで「#映画監督 #山田洋次 より #激励 のメッセージ。 #選挙」とつづり、手紙を撮った写真を公開した。

   手紙は「山尾志桜里さんを支持する」との表題で、「ぼくは志桜里さんを中学生の頃からよく知っています。そして全面的に信頼しています」と始まる。続けて

「重苦しい、不幸な今日の政治状況の中にあって、彼女の存在は希望の星のように輝いています。まだまだ若い、これからの人である志桜里さんが三たび国政の場で活躍してくれることを、心から願ってやみません。 映画監督 山田洋次」

と山尾氏を「希望の星」に例えて将来を嘱望している。

   山尾氏は9月上旬に週刊文春で不倫疑惑が報じられ、不倫は否定しながらも民進党を離党。今回、無所属で愛知7区に立候補している。

   山尾氏が今回公開した手紙は、自身のYouTubeチャンネルで10月10日に投稿した動画の中でも紹介。山田監督との出会いは山尾氏が10代の時に主演したミュージカル「アニー」がきっかけだったといい、「『志桜里ちゃん、脚本家にならない?』と言っていただいたこともありました」とエピソードも明かした。その上で「脚本家であれ、私はいま政治家ですが、人々が自由に自分らしい個人として共に生きていく社会を追い求める仕事という意味では、私は監督と同じ目的に向かって仕事をしている部分もあるのではないかなと勝手に思っています」と共感を示している。

「アニー時代」からの交流

   山尾氏はかねてから山田監督との交流をブログに書いていた。14年の衆院解散直後の14年11月25日、山尾氏は山田監督から「ぼくの若い友人で、聡明でナイーブな感性の持ち主である山尾しおりさんのような人が国政の場に立って発言し行動することを、期待してやみません」とのメッセージが贈られたと投稿。「頻繁にお会いできるわけではないけれど、人生の節目節目で、話を聞いて頂きました」としている。

   15年2月19日では、「このブログでもたまにお話ししていますが、アニー時代から30年来、見守ってくださっている山田洋次監督との夕食。会話の内容は、心にしまわせてください!」と書き、山田監督と笑顔の2ショット写真も公開していた。

   しかし今回の山田監督の応援メッセージは、山尾氏が17年9月に週刊文春で不倫疑惑を報じられた後のことであるため、ツイッター上では監督も巻き込んで否定的な反応が少なくない。「応援します!」「頑張れ」という声もある一方、

「山田監督ガッカリ。何でかなぁ?」
「政党分裂の引き金引いたのに希望の星?」
「『男はつらいよ』の寅さんのファンなんで複雑な心境です 山尾志桜里の支援者とは」

といった書き込みも多く寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中