2018年 9月 26日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 独立戦争から引き継がれる「銃」というDNA

印刷

   前回の記事(2017年10月8日掲載)で、「一人暮らしだったら、身を守るために拳銃を持つ」と話していたダイアン(59)は以前、人手が足りない時に勤務する「予備警察官」として、5年間、働いた経験がある。そのダイアンはこう言う。

「一般市民が半自動式銃や連射装置を持つべきではないし、精神疾患のある人も銃を持つべきではないと思う。でも、家に誰かが侵入してきても、警官がすぐに駆けつけるわけじゃない。銃以外で、体格のいい男にどうやって太刀打ちできるの? 包丁だったら相手に近づかなければならない。銃があれば発砲しなくても、相手に近づかず脅すことができる」
  • 米国オハイオの銃専門店のウエブサイト
    米国オハイオの銃専門店のウエブサイト

大学教授に連れていかれた射撃場

   私が大学時代に留学したオハイオ州の町を再訪した時、お世話になった大学教授が車で私を空港に送る途中で、「銃専門店を見せたい」と車を止めた。カウンターのショーケースにずらりと並んだ拳銃や、壁に掛けられたライフル銃などを、客が気軽に手に取っていた。

   同州で最大規模の銃専門店で、拳銃のほか、ライフル銃、散弾銃、機関銃など2000丁の銃器を扱う。ギフトカードもある。

   すぐそばで銃声が聞こえた。射撃場が併設されていた。銃を借りて撃てると知った教授が、私にも射撃を勧めた。初めはためらったが、やってみた。

   鼓膜を保護するためにヘッドホン型のイヤーマフを付け、火薬などから目を守るためにメガネを掛ける。

   初めて手にした拳銃は、ずっしりと重たい。人型の紙の的をめがけて銃を手に取った時、体が震えた。引き金を引いた瞬間、耳をつんざくような爆発音がし、全身に強い衝撃を感じた。

   「これで人が殺せてしまう」。言いようのない恐怖を覚えた。

   教授は私を見て微笑み、「私は銃が大好きなんだ(I love guns.)」と言った。

   犯罪の多いスラム街で育ち、8歳の頃から街で銃を発砲していたという教授。

「銃を規制しろという人がいるが、そうすれば結局、一般市民は身を守る手段を奪われ、法を犯す犯罪者が大量の銃を持つことになる」

   そこに「武装格差」が生まれる、ということか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中