FIFAランク、日本は44位に後退 

印刷

   国際サッカー連盟(FIFA)は2017年10月16日、男子の最新ランキングを発表した。日本は前回から4つ順位を下げた44位で、アジア3番手に後退した。

   アジアのトップは34位のイランで、2番手は43位のオーストラリア。韓国は前回から11ランクダウンの62位で、初めて中国(57位)に抜かれた。

   一方、ドイツは1位の座を死守した。以下2~6位は、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランドと続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中