2018年 10月 22日 (月)

「Wi-Fi」暗号化技術に脆弱性 悪用される恐れ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   無線LAN(Wi-Fi)の暗号化規格の主流となっている「WPA2」に脆弱性が見つかり、同通信の利用時にサイバー攻撃を受ける危険性がある――。ベルギーの研究者Mathy Vanhoef氏が、2017年10月16日にウェブサイト上で発表した。

   パソコンやスマートフォン、ゲーム機器などをインターネットに接続する際に用いられる無線LANだが、不正アクセスを防止するため通信時には情報が暗号化される。

   だがVanhoef氏によると、「KRACKs」(key reinstallation attacks)と名付けられた脆弱性が判明。暗号化の際に発行される鍵を第三者に悪用される可能性があり、その場合、メールやクレジットカード番号などの個人情報を盗み取ることが可能となる。

   それでは、どんな対策をとればよいのか。米のセキュリティー企業「シマンテック」はサイト上で、無線LAN対応機器に、セキュリティー更新プログラム(パッチ)を適用することを推奨している。米アドビシステムズ・インコーポレーテッドは、「Adobe Flash Player」の修正版を16日に公開した。複数報道によると、米アップルやグーグルは、近日中の配布を予定しているという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...