「Wi-Fi」暗号化技術に脆弱性 悪用される恐れ

印刷

   無線LAN(Wi-Fi)の暗号化規格の主流となっている「WPA2」に脆弱性が見つかり、同通信の利用時にサイバー攻撃を受ける危険性がある――。ベルギーの研究者Mathy Vanhoef氏が、2017年10月16日にウェブサイト上で発表した。

   パソコンやスマートフォン、ゲーム機器などをインターネットに接続する際に用いられる無線LANだが、不正アクセスを防止するため通信時には情報が暗号化される。

   だがVanhoef氏によると、「KRACKs」(key reinstallation attacks)と名付けられた脆弱性が判明。暗号化の際に発行される鍵を第三者に悪用される可能性があり、その場合、メールやクレジットカード番号などの個人情報を盗み取ることが可能となる。

   それでは、どんな対策をとればよいのか。米のセキュリティー企業「シマンテック」はサイト上で、無線LAN対応機器に、セキュリティー更新プログラム(パッチ)を適用することを推奨している。米アドビシステムズ・インコーポレーテッドは、「Adobe Flash Player」の修正版を16日に公開した。複数報道によると、米アップルやグーグルは、近日中の配布を予定しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中