「イスラム国」壊滅へ 拠点都市ラッカ陥落

印刷

   過激派組織「イスラム国」(IS)への攻撃で、米軍の支援を受けるクルド人主体の武装勢力「シリア民主軍(SDF)」は2017年10月17日、ISが「首都」と位置づけるシリア北部の都市ラッカを制圧したとウェブサイトで発表した。

   今後SDFは、ラッカ周辺でのIS戦闘員の捜査や地雷除去活動を行い、それが済み次第、正式にラッカ解放を発表するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中