2018年 8月 21日 (火)

空自ヘリ墜落で捜索続く ドアとヘルメット発見

印刷

   2017年10月17日に、静岡県浜松市の沖合で墜落したとみられる航空自衛隊浜松基地所属の救難ヘリコプター「UH60J」1機の捜索が、18日も続いている。

   各メディアの報道によると、同機は夜間の捜索訓練を行っていたとのことだが、浜松基地から南に約31キロの太平洋上でレーダーが途絶えた。

   これまでの捜索で消息を絶った海上付近で「航空自衛隊」と書かれたドアと、乗務員のものとみられるヘルメット3個が見つかったという。機長の花房明寛3佐を含む4人の自衛隊員が搭乗していたが、18日13時の時点で発見されていない。防衛省は海上保安庁や民間の船舶と共に捜索を続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中